ウォーターサーバー おすすめ

ポイントを絞って選ぶ!ウォーターサーバーの選び方のコツ

広まってきたウォーターサーバー

今では少し探せばすぐに設置しているご家庭が見つかるほどに普及してきているウォーターサーバー。以前は特別なこだわりのある企業事務所や家庭にあると言うイメージも強く、コストもそれなりにかかると言うイメージが強いウォーターサーバーでしたが、今では安全な水を調達するための代表的な方法の一つとして考えられるほどにウォーターサーバーは一般に広まってきています。

選定は思いのほか難しい

しかし、ウォーターサーバーを導入していた経験があるのであればともかく、全くの新規で申し込もうと考えるとその提供会社の多さに驚くはずです。一時期の新規参入のピークは終了し、提供企業の件数も落ち着いてきてはいますがそれでも少し探せば10や20程度の企業はすぐに見つかるでしょう。そのそれぞれが独自のサービス、独自の特徴によって差別化による生き残りを模索している現状では、どのサーバー提供会社から水を購入したら良いのか分からない人も少なくないはずです。

選定を簡単にするには?

ところが難しいと思われているサーバーの提供企業の選択は、実はそれほど難しくはありません。まず一定の基準を自分で決めることで自然に選定される業者が決まるようになっているのです。ウォーターサーバーを選ぶ時のポイントがどこにあるのか、まずは何を重視してウォーターサーバーを選ぶのかから決めて行きましょう。

ウォーターサーバーを選ぶ基準はまず最初に大きく二つに分けることができます。ウォーターサーバーのタイプやデザインなどで選ぶのか、それとも水で選ぶのかという二つの選択肢です。この二つは同時に選択することもできますが、まずはこの基準を定めておくことでその後のサーバー提供会社の選定がとても楽になります。

まず、水を選ぶのであればそこからさらに天然水を選ぶのか、それとも純水に近い水を選ぶのかによって業者が決まってきます。特に希望する天然水の地域や種類、含まれるミネラルなど具体的に決まっていれば決まっているほどその選択は楽になるでしょう。水の品質や種類から提供会社を選ぶ場合には、最終的に数件の業者が残ります。この中からデザインなど他の要因を考えて最終的に業者を決定すれば良いのです。

また、サーバーのデザインで選択する場合にはほとんど一発でその業者が決まります。デザイン性の高いサーバーであればある程に業者が複数で同じサーバーを提供していることは少なくなります。仮に複数の業者で同じサーバーを提供しているとしても、最終的には1件か2件の業者しか残らないはずです。

他にもある!こんなポイント

この二つのポイント以外にも価格を重視したり、地元企業を応援したりとサーバー提供企業選定の基準は多く存在します。いずれにしてもただ漠然と「どこにしようかなー」と探すのではなく、ある程度多くの業者を見てみた後は「絶対にこれだけは譲れない!」というポイントを明確にすることでより効率的に業者を選ぶことが可能になるでしょう。

全てを求めても無理!

価格も低いほうが良い、水の種類も良いのがいい、サーバーのデザインも良いのがいい、そんなことを考えていてもそんな業者は存在しません。もしあれば全員がその業者を選択するでしょう。多くの中で業者の選択をしなければならないのですからここは譲れる、ここは譲れないと言う優先順位を決めておけば効率的に業者を選定することが可能になります。

インテリアで選ぶならウォーターサーバーよりもディスペンサー!

サーバーとディスペンサー

極々一般的なウォーターサーバーはデザイン的に満足できない!だからといって高額な価格でデザイン性の高いウォーターサーバーを購入することもできない!…そんなこだわりの節約志向派にもっとも適しているのがウォーターサーバーの宅配を利用するのではなく、自前のウォーターディスペンサーを購入し、別途水を購入すると言う方法です。

ウォーターサーバーも、ウォーターディスペンサーも、その内容は大きく変わるものではありません。しかし、ウォーターサーバーは割と大型なのに対し、ウォーターディスペンサーには小型のものも存在します。大きな違いはウォーターサーバーはそのほとんどが提供会社からのレンタル品で、そのレンタルしている企業から水を購入する必要があると言うことでしょう。

ディスペンサーのレンタルはほとんど存在しない!

これに対しウォーターディスペンサーを提供して水の宅配を行っているような業者は多くはありません。ディスペンサーというと多くの場合にはホテルやファミリーレストランでセルフサービスの水やジュースを入れておくような金属とアクリルやガラスを用いた機械です。ちょっと想像しにくいと言う人は検索サイトなどで「ウォーターディスペンサー」や「ジュースディスペンサー」で画像検索をしてみると「ああ!これか!」というものが出てくるはずです。

独自路線で行くならディスペンサー

一般のご家庭でウォーターサーバーを置いていると言うところは今では少なくはありません。極々当たり前な家電製品の一つとしてウォーターサーバーは普及していると言えるでしょう。しかし、ウォーターディスペンサーを自宅に置いているというご家庭はそれほど多くは無いでしょう。他と同じものが嫌い!と言う人であればウォーターサーバーではなくウォーターディスペンサーを置くと言うことはベストな選択かもしれません。

ただし、ディスペンサーの購入にはそれなりのデメリットもあります。ウォーターサーバーの買い取りと同様に初期投資が必要になることもある上に、その後故障をしてしまった場合には自分でメーカーに直接連絡をして修理してもらう必要があります。中には部品やパーツに少なくないコストがかかってしまうようなこともあり、最終的に「レンタルのほうが良かった」と感じるようなこともあるかもしれません。

デメリットを上回るメリット

しかし、それでも同じ所から常に水を購入すると言う必要も無く、自分の気分に合わせて好きな水を利用できること、そしてその水の分量も毎月決められた量が強制的に送られてくるのではなく、今月は多め、来月は少なめと調整することが可能になることはウォーターサーバーの買い取りにも、ウォーターディスペンサーの買い取りにも大きなメリットとなるでしょう。

そして何よりもレンタルと比較するとそのデザインの幅の広がりは魅力的です。もちろんウォーターサーバーと同じようにデザイン性の高くないものも販売されていますが、せっかく購入するのであればやはりできるだけデザイン性の高いものを考えたほうが良いでしょう。小さくは無いサーバーやディスペンサーはその一つで部屋の雰囲気を大きく変えることにもなりかねません。

軟水の種類で選ぶウォーターディスペンサーとその内容について

多くの選択肢から選ぶことの大変さ

以前と比べるとその利用のハードルも低くなり、多くの業者が参入することで低価格化が実現し、さらにサービスの向上も目覚ましいウォーターサーバーですがその提供会社が増加したことで利用者は多くのサーバー提供業者の中から一つの業者を選択しなければならないと言う嬉しい「悩み」も増加してきているのが現状です。

特に日本国内の多くの業者はそのほとんどが硬水ではなく、日本に古くから存在している軟水を取り扱っていることも多く、数少ない硬水の取り扱いを行っている業者からサーバーをレンタルするよりも、軟水をさがしている場合にはその選択肢の幅が広がり、最終的な業者の選択が遅れてしまいがちになります。

水が決まっていれば話は早い!

しかし、求める水が「軟水」であるということが決まっている場合にはそれほど業者の選定は難しくはありません。ウォーターサーバーの水のほとんどが軟水であるということは、あとは次に自分が重要視しているポイントを優先的に探していけばおそらく悩むことなく業者を選定することが可能になるでしょう。

ウォーターサーバーの水の事情

実はウォーターサーバーを提供している企業の配達する水の内容をひとつひとつ見て行くと、サーバーの提供元が多かったとしても水の提供元はそれほど多くないということに気付くはずです。ウォーターサーバーの提供元が自社の採水場を複数件所有しているということはほとんどありません。複数の水を取り扱っているウォーターサーバーの提供元は、その水は自社の工場で採水しているのではなく、採水している業者から仕入れているだけなのです。

つまり、ある一か所で採取されている水はA社もB社も、それ以外の業者も取り扱っているということがほとんどです。そうなるとつまり、どこの「天然水」であったとしてもその仕入れ先は産地や名称が同じものであればその内容も全く同じものであるということになるのです。

配送されている水のほとんどが軟水で、多くの水が複数のウォーターサーバー提供企業から購入できるということが分かっているのであれば、つまり水について深く考える必要はないということになります。もちろん、「できるだけ軟らかい」ということを中心に据えるのであれば単純にそれぞれの水の硬度を調べて最も硬度の小さい水を選べばよいだけの話です。

軟水にこだわらなければ…

それほど硬度にこだわりは無く、硬水か、軟水かであれば軟水のほうが良い。と、言った程度の基準であれば、水の硬度で業者を選定する必要はなく、気にするべきはその他の要因、例えばサーバーのデザインや利用する時のコストなどを気にしながら業者を選定すれば良いということになります。

硬水を探すことは難しい

軟水を望んでいるユーザーには余談になりますが、日本のウォーターサーバー提供元が取り扱っている水に「硬水」はほとんどありません。もしも硬水を探しているのであれば天然水の中でも海洋深層水を提供している企業を探すことで硬水の配達をしてもらうことが可能です。ただし、海洋深層水の取扱業者はそれほど多くないのが実情です。選択肢の幅は想像以上に狭くなってしまうことは免れないでしょう。

ウォーターサーバー利用のときに必要なサーバーのメンテナンスとは?

メンテナンスを気にする必要はない

ウォーターサーバーの利用を考えている時に頭をよぎることの一つに、ウォーターサーバーのメンテナンスがあります。レンタルで定期的にウォーターサーバーのメンテナンスを行ってくれる企業もありますが、多くのウォーターサーバーの提供元はセルフメンテナンスの体制を取っていることがほとんどです。そうなると自分でメンテナンスできるのか、不安を感じてウォーターサーバーの利用を躊躇している人もいるかもしれません。

しかし、ウォーターサーバーの利用の際にサーバーのメンテナンスについて深刻に悩む必要はあまりないでしょう。新しいタイプのサーバーであればそのほとんどにセルフメンテナンスと呼ばれる自動的にメンテナンスを行う機能が備わっています。そして仮にその機能が付いていないようなウォーターサーバーであったとしても、そのメンテナンスは利用者が考えているほど面倒なものではありません。

セルフメンテナンス機能の無いサーバーのメンテナンス

セルフメンテナンスの機能が付いていないウォーターサーバーを利用する時のポイントは、まず、水のボトルを交換する時に周辺の汚れやゴミが目に付くようであれば取り除く程度のメンテナンスで充分です。使用頻度があまり高くないのであれば、定期的に水の注ぎ口の部分は掃除する必要もありますが、それも柔らかい布で注ぎ口周辺を拭く程度で充分でしょう。

それでもやはり気になると言うのであれば綿棒などで注ぎ口の中を掃除することも良いかもしれません。しかしそれほど気になるようなタイプであれば、おそらくサーバーの掃除を行う程度のことは決して大きな負担にはならないことがほとんどでしょう。極々一般的な掃除を定期的に行うことさえできれば、ウォーターサーバーのメンテナンスで困ることはありません。

ウォーターサーバーの提供元が提示しているメンテナンスのサイクルは、大事を取って短い間でのメンテナンスを推奨しています。このことから考えると結局、実際には提供元が推奨しているメンテナンスの期間よりも長いサイクルでメンテナンスを行っていれば充分なのです。よほど神経質で細かいことが気になるタイプの家族がいる場合や、赤ちゃんなどの敏感な家族がいない限りはそれほど頻繁にメンテナンスに気を配る必要はないでしょう。

最も大掛かりなメンテナンス

最も手間のかかるウォーターサーバーのメンテナンス作業としてはある一定の期間ごとにサーバー内の水抜きを行うと言うメンテナンス方法です。その最も手間のかかるものですら、おおよそ10分もあればメンテナンスが可能なものです。総合的に考えたとしても、ウォーターサーバーのメンテナンスをそれほど極端に嫌って利用をしないということは「考えすぎ」ということができるでしょう。

提供元でもメンテナンスしてくれる

それでもやはりメンテナンスが気になるのであれば、定期的にメンテナンスも行ってくれる企業からウォーターサーバーをレンタルすることがお勧めです。サーバーの提供元から手配されたスタッフが定期的にメンテナンスをするのであれば、利用者としてもこれほど望ましいメンテナンスはないでしょう。

ウォーターサーバーのメンテナンスは確かに重要です。しかし、レンタルである以上、それほど神経質になる必要もないでしょう。自宅の水道の蛇口をどれほどのペースで掃除しているか、それと比較するとそれほど頻繁である必要はないということは良くわかるのではないでしょうか。

ウォーターサーバーの水を一人暮らしでも余らせないテクニック!

単身世帯だと割高になることもある

ウォーターサーバーの利用を考えている、もしくはウォーターサーバーを既に利用している、どちらにしても一人暮らしであればその宅配された水が余ってしまうと言うこともあるでしょう。もちろん、一人暮らしに合わせた小さい単位で水を提供している企業もありますが、単位が小さく一人暮らしに対応しているような提供元ではその分価格も高額に設定されています。

そうなると最終的にコストと利用の頻度を考えた場合、一人暮らしではウォーターサーバーを利用するのではなく、ペットボトルの水を購入したほうが良いということになります。では一人暮らしではウォーターサーバーを利用することはできないのか、決してそういうことではありません。

必要なのは利用のテクニック!

一人暮らしでも多めの水を発注し、コストを抑えて尚且つウォーターサーバーを有効に利用していくためには、一人暮らしのウォーターサーバー利用のテクニックが存在するのです。このテクニックを利用して水の消費を調整することができれば、一人暮らしでも気にすることなくウォーターサーバーを安価に利用することができるようになります。

数々の水利用テクニック

まずはウォーターサーバーの水を利用するタイミングに幅を持たせましょう。自宅で料理をするのであれば米を炊く時の水で調整することが可能です。みそ汁などスープの類を作るときの水をウォーターサーバーの水にすることも可能です。料理に使う水を調整することでウォーターサーバーの水を調整し、外食に偏りがちな一人暮らしの食生活も改めることができます。

さらに外出するときに持ち歩く水をウォーターサーバーの水に変えると毎日出先で購入するジュースや水の支出を抑えることができ、加えてウォーターサーバーの水の使用を調整することが可能になります。余裕があるようであれば空いたペットボトルにウォーターサーバーの水を入れて持ち歩けば大きなコスト削減にもつながるでしょう。

それでもやはりウォーターサーバーの水が余ると言うのであれば、何か運動をすることをお勧めします。水に気を使っているのであれば、少なからず健康に気を使う意識があることがほとんどでしょう。運動したときの水分補給をウォーターサーバーの水で補っていれば料理と同様に生活習慣も改善され、更にウォーターサーバーの水の消費の調整も可能になります。

料理で調整を行い、持ち運びすることで調整を行い、運動で調整を行っても余ると言うのであれば、植物にその水を与えると言う方法もあります。小動物には与えすぎると悪影響が出ることもあるミネラルを含んだ天然水でも植物に与えることは何ら問題はありません。もちろん中にはミネラルが含まれている水が適さないような植物もあるかもしれません。そのような時には植物の状況を見て調整しましょう。

必要なのは自分なりの消費パターンを探し出すこと

これらのようなウォーターサーバの水の消費を調整するテクニックを多用していけば一人暮らしだからと割高な水を利用したり、余った水がどんどん部屋の中に積み重なっていくような事態は避けられます。これらの調整を何度か行っているうちに自分に適した水の消費パターンができてきます。この消費パターンを早く見つけるために今回紹介したような様々な方法で水を利用してみると言うことがウォーターサーバーを一人暮らしでも利用する時に有効なテクニックなのです。

水宅配を考えたときに気になる!水のボトルの取り扱い種類について

どんな方法でもボトルの処理は必要になる

どのような水の宅配方法を利用するにしても必ず考えておかなければならないのが水を手に入れた後のボトルの処理です。水道水から出てくる水を利用した浄水器などとは違い、宅配で届く水は必ずその容器の処分を考える必要があります。代表的な水の宅配方法であるペットボトルでの水の配送、最近増加傾向にあるウォーターサーバーでの水の宅配、それぞれについて現状のボトル事情を見てみましょう。

ペットボトルの宅配

ペットボトルでの水の配送は必ずそのペットボトルがゴミになります。このペットボトルは説明するまでも無く、その地域に合わせた処分方法が存在し、そのルールに従って処分することになります。一部の温泉水や天然水の通信販売ではペットボトルではなく、燃えるゴミとして出すことのできるプラスチックの容器に入ってくることもありますが、いずれにしてもゴミは発生し、その処分を行う必要は生じます。

ウォーターサーバーを利用した宅配

同じ水の宅配方法の一つとしてウォーターサーバーを利用すると言う方法もあります。ウォーターサーバーを利用している場合にはそのボトルはリサイクルしているところと、資源ごみとして処分できるところがあります。ボトルの回収を行っている企業のウォーターサーバーを利用している場合には、ゴミを最小限に抑えることはできますが、空になったボトルを回収してもらうまではどこかに保存しておかなければならないというデメリットもあります。

ウォーターサーバーの水の提供方法としては最近、リサイクルで回収を待つ必要のないペットボトルと同じ材質で作られている容器を利用すると言う方法もあります。こちらの場合には使い終わったボトルを保存しておく必要はありません。しかしペットボトルで水を購入した時ほどの量ではないにしても、少なからずゴミが発生するということには間違いありません。

どの方法を選択するか

ゴミを極力減らしたいと言うエコ重視なタイプであれば間違いなくウォーターサーバーをリサイクルするボトルで注文することが望ましいでしょう。もちろんボトルの保管をしておくスペースは必要になりますが、ほとんどゴミのでない優れたシステムであると言えます。当然、提供している企業側もボトルの保管スペースが必要ですのでその保管のためのスペースは利用者の価格に影響してくることもあります。

逆にできるだけゴミを増やしたいと言う時代の流れに逆らっている人であればペットボトルの利用をしたほうが良いということになります。しかしこれだけ高らかに「エコ!」と言われている時代にそんな考えの人は希少です。つまり、裏を返して考えるのであれば、止むを得ない理由も無くペットボトルで水を購入しているような場合には、あまりエコに気を使っていない人である可能性が高くなります。

現在の主流は?

その中間として考えられる方法はウォーターサーバーを廃棄可能なボトルで利用している人ということになります。しかし今はウォーターサーバーのほとんどがこの廃棄可能なボトルで水を提供しています。ゴミは最小限で尚且つ容器の保存スペースを必要としないこの方法が、現在の主流です。

このように水の宅配でのボトルの処理にはいくつかの方法が存在します。そしてそのどの方法を選択してもメリット、デメリットは存在します。どのような方法で水の宅配を利用するかも利用者の考え方ひとつで変わってくるのです。

安全な水を確保するために通販を利用するときのポイントとは?

増加中!「水のグルメ」な人々

自宅でも、事務所でも、おいしい水や安全な水が飲めるということは安心に繋がります。もちろん日本の社会では水道の蛇口から出てくる水もある一定の基準を満たしていることは間違いありません。しかし安全であることも、おいしいことも、追求し出せばキリがないでしょう。そんな「水のグルメ」の満足度を高めるためにはより高い品質の水を手に入れる必要があります。

その高い品質の水を手に入れるために有効な手段として広く利用されているのが、水の通信販売です。水の調達には様々な方法がありますが、その中でも特に一般に広く利用されています。この通信販売にはインターネットなどでペットボトルに詰められた水を購入する方法が最も一般的ですが、最近ではウォーターサーバーを利用して定期的に水の宅配をしてもらうと言う方法もあります。

通信販売は他のどの方法よりも優れた調達方法

どのような方法でもその方法が水の通信販売であればある一定基準の品質の水を手に入れることが可能であるということになります。水道水はもちろんのこと、浄水器を利用して水を確保するなどと言う方法と比較すると、一定の品質の水を常に手にすることができる通信販売の魅力は他の方法と比較してもその確実性は群を抜いています。

通信販売と言ってもその種類には多くのものが存在します。既に紹介しているペットボトルの購入、ウォーターサーバーの利用だけに限らず、温泉水を直接購入する方法なども存在します。手に入れることのできる水も蒸留水やRO水のように不純物の無い純水に近い品質のものを入手することもできれば、その水の産地によって多くのミネラルを含んだ天然水や特殊な成分を含んだ温泉水を入手することも可能です。

天然水や温泉水は通信販売でしか手に入らない

この天然水や温泉水のことを考えるのであれば、浄水器にはないメリットが水の通信販売には存在すると言うことがわかります。浄水器で作れる水はアルカリイオン水やろ過した純水に近い水ということはあっても、天然水は絶対に作ることができません。各地のおいしい天然水を飲みたいのであれば、その方法は通信販売しかないのです。

浄水器の価格の幅は広い!

仮に純水やアルカリイオン水を求めているのであっても、浄水器には多くの種類があるのが現状です。安くは数千円から、高価なものであれば規模によって数十万円から数百万円までその幅は限りありません。それだけ幅がある上に導入後定期的に品質管理をしてくれるような業者は少なく、数年後に同じ品質の水が浄水器を通して出てきているかどうかを確認する方法はありません。

通信販売での水の確保が最も現実的

単純に考えても浄水器を利用するよりは通信販売を利用したほうが良いということは明確です。もちろん、高性能で確実な浄水器も存在するのかもしれません。しかし、本当にその浄水器が役目を果たしているかどうか確認するにはある一定の労力が必要であることを考えると、確実に安全な水を手に入れる方法としてはやはり通信販売が適しているということになるでしょう。
(⇒通信販売の中でも特にウォーターサーバーが優れているその理由

ウォーターサーバーをデザインで選ぶときに気を付けることってなに?

ウォーターサーバーの選択基準は二つ

ウォーターサーバーの導入を考えたときには様々な角度からどこのサーバーを利用するか決定していくことになります。その決定の方法には大きく分けて水の種類からサーバーの提供会社を選ぶ方法と、サーバーのデザインを考えて提供会社を選ぶ方法があります。

デザインを中心にウォーターサーバーを選ぶ時には購入にするか、レンタルにするかと言う選択肢も出てきます。いずれの方法でウォーターサーバーを選ぶとしても、そこには水の種類を優先して提供元を選ぶときとはまた違った注意点も存在してくるようになります。

レンタルを前提にした場合には?

まず、レンタルすることを前提にした場合にはデザイン性の高いウォーターサーバーを提供している企業は多くは無いということです。デザイン性を重視している企業が少ないということはつまり、その数少ないデザイン性重視の企業は強気の価格設定であるということが考えられます。

また、他の企業と比較しても、投資を水に行うのではなくウォーターサーバーに行っているということになりますので結果として選択できる水の種類は少ないこともあります。デザイン性が高いサーバーを提供していて水の種類も豊富にあり、更に低価格なウォーターサーバーの提供元は無いと考えていても良いかもしれません。

デザイン性の高いウォーターサーバーをレンタルするということを基準に考えるのであればつまり、デメリットは水の種類が少ない、そして価格が高いということになります。それでもデザイン性の高いサーバーが必要なのか、それとも自分の好みに合わせた水を選択することを重視するのか、新たにウォーターサーバーの利用を検討するのであればこの部分は明確にしておく必要があるでしょう。

もう一つの選択肢「サーバーの買い取り」

そしてもう一つ、デザイン性の高いウォーターサーバーを手に入れる方法としてはレンタルではなく買取を考えると言う方法もあります。買取であればデザイン性の高いウォーターサーバーを手に入れることは可能でしょう。さらに長期間利用するのであればレンタルよりも安価になることは間違いありません。

ウォーターサーバー購入のデメリットとしてはやはり初期投資が必要になると言うことです。さらにレンタルであれば最終的に解約すると言うことになってもそのサーバーを業者が引き取ってくれるということになりますが、買取の場合にはその処分は自分で行うことになります。購入時のコストに加えて廃棄時のコストを考えると、買取の時のデメリットはその二重にかかるコストであると言えるでしょう。

また、サーバーが壊れてしまった時にもレンタルであれば提供元によっては新たなサーバーを無償で再提供してくれることもあります。しかし買取であれば修理して利用するしかありません。保証期間内であればメーカーに直してもらうことも可能ですが部品交換にコストがかかったりすることも考えられます。

しかしそれでもやはりデザイン性の高いサーバーを自宅に置きたい!というユーザーは存在するでしょう。どのポイントを最優先にしてウォーターサーバーを利用するのか、それを決めることが重要です。

お試しもできる!ウォーターサーバーを選択するメリットについて

ウォーターサーバーが普及してきている理由

以前は一部の事務所や限られた家庭にしか導入されて居なかったウォーターサーバーは、今では多くの企業の事務所や家庭に浸透してきています。あなたの近くにもウォーターサーバーを自宅に設置しているというご家庭は少なくないのではないでしょうか。安全な飲料水を調達する方法にはさまざまな方法がありますが、ウォーターサーバーが特に普及してきているのには理由があるのです。

ウォーターサーバーが普及してきているその第一の理由として考えられるのがコストに関することです。ペットボトルで水を購入して宅配してもらったとしても、ウォーターサーバーをレンタルして水を宅配してもらったとしても、そのコストは大きく変わるものではありません

同じコストならウォーターサーバーが魅力的!

コストが変わらないとなると常に冷水や温水が手間無く供給され、ボトルのごみも最小限に済み、冷蔵庫のスペースを圧迫することもないウォーターサーバーはとても有力な飲料水確保の方法であると言えるでしょう。今では提供される水の種類も豊富になり、利用者が選ぶことのできる水の種類も多くなってきていることもウォーターサーバーの利用者が増加してきている理由の一つでしょう。

ウォーターサーバーが普及してきている理由はそれだけではありません。ペットボトルの水が毎回注文して発送してもらうひつようがあるのに対し、ウォーターサーバーを一度申し込めば、利用者が特に何か作業をする必要も無く定期的に水が配送されてきます。手間をかけずに安定して水を確保すると言うことについてもウォーターサーバーに魅力があるのです。

この上、ウォーターサーバーの提供元が増加してきていることもあり、コストだけではなく、最初の一回分は無料であったり、注文者に特典として粗品を進呈したり、ウォーターサーバーのレンタル代は無料になったりと各社が多くの付加サービスで特色を出そうとしのぎを削っています。このことから価格だけではなく様々なサービスによって利用者が受けることのできる恩恵が大きくなってきていることもポイントでしょう。

更に今ではウォーターサーバーの無料お試し利用期間を設定している企業もあります。実質的には契約をしなければサーバーの配送料などの名目で料金を徴収されるシステムですので、最終的に契約することが確定しなければ利用することはできませんが、それでも前述の付加サービスの一つとしてこの無料期間の設定は利用者にとって非常に魅力的なサービスの一つであると言えるでしょう。

特典の粗品進呈サービスには各企業ごとに特色があり、その内容は多岐にわたります。全くサービスが無い企業もあればどれか一つのサービスを提供しているという企業、更には二重三重にと多くのサービスを提供している企業もあり、利用者はその多くの中から自分が望むウォーターサーバー提供会社を選択することが可能です。

最終的に一家に一台の時代が来る?

コスト的にもそれほどの負担が無く、特典を準備している企業も多いとなるとやはりウォーターサーバーに魅力を感じる利用者も増えてきます。安全な水を常に確保できる状態にしておきたいと言う利用者の願いを充分に満たすことができるシステムとしてウォーターサーバーはこれからもより一層利用者が増加してくることでしょう。

安全な水を飲みたいならウォーターサーバーがオススメなその理由

安全な水を手に入れる

できるだけ安全な水を確保したいと言う思いは人間ならだれしもが望むことです。上水道がしっかりと整備されている日本でもやはり、より安全な水を利用したいという思いは誰もが望むことでしょう。水道水は以前と比較すると格段にその品質は良くなっています。しかしどれだけ取水施設や浄水施設の技術や品質が向上したとしても、その水を届けている水道管が旧式のものであったり、建物に設置されている上水層が老朽化したりしていれば、少なからず不安は生じることになるでしょう。

それでもやはりより安全な水を手に入れたいと考えたときにその方法には多くのものが考えられます。水道水から出た水を時間をかけてろ過して利用するようなグッズや、不純物を取り除くグッズ、水道水を瞬時にアルカリイオン水に変えてしまう浄水器や、ペットボトルに詰められた天然水や純粋に限りなく近い水、更にはウォーターサーバーの提供元が取り扱っている水などその水の種類には多くのものが存在します。

品質と価格について考えてみよう

これらの全ての水の品質とそれに対する価格を考えたときに、どのような方法で水を調達することが最も望ましいのでしょうか。今回は「宅配してもらう」ということを前提に、それぞれの水の調達方法と調達にかかるコストについて考え、安全でおいしい水を手に入れるために最も効率の良い方法は何なのかを考えてみましょう。

まず、ペットボトルの水について考えてみます。時期によっての差、または個人によっての差はあるものの、飲料水として利用する水は一か月に一人12リットルは必要でしょう。これはあくまでも少なめに見積もった場合の数値です。ジュースやお茶などの購入を別にするとしても概ねこの程度の水は必要になります。

ペットボトルのコスト

これをペットボトルに換算すると2リットルのボトル6本分です。ちょうどペットボトル1ケース。ディスカウントショップなどで安価に手にすることは可能ですが、一本100円と考えても月間600円が必要になります。ここに更に1000円程度の送料が加算されれば一人当たりのコストは1600円程度になります。

更にこの購入した水を冷却し、時にはガスや電気などを利用して沸かしたりするとなると一か月のコストは2000円程度に膨らむことが考えられます。購入する水によっては更にここに500円程度の価格が上乗せされることになり、最終的なコストは一人当たり2500円程度に膨らみます。

ウォーターサーバーのコスト

ペットボトルを購入して宅配してもらうのと同じような水の宅配方法としてウォーターサーバーをレンタルして水を配達してもらうと言う方法もあります。こちらもその水の内容によって差はありますが、一本のボトルが1200円~2000円程度の間です。もちろんこれはペットボトルの水と同様に良いものを手にしようとすれば更に高い値段になることもあります。

ウォーターサーバーの一本のボトルが12リットルだとすると、ウォーターサーバーの場合にはこのボトル一本の値段にウォーターサーバーの電気代を加えたものが月々にかかるコストであるということになります。サーバーの一か月の電気代はおおよそ1000円程度と言われていますのでウォーターサーバーの場合にも一か月のコストは一人当たり2200円~3000円程度ということになります。